in a Million

児童文学 ときどき アイドル

筋トレを始めて一ヶ月

8月から筋トレを始めて、ちょうど一ヶ月が過ぎました。

記念に、筋トレを始めた頃のことを書いておこうかなと思います。

 

私が通っているのは、一回30分、女性だけの体操教室で有名な「カー○○」です。

(検索にかかりたくないので伏せてます。)

 

ある日、買い物帰りにスーパーの近くで、きれいな女性に話しかけられたのです。

コミュ障気味の私は、相手によってはほとんど会話が出来ないのだけれど、その人とは楽しく会話ができました。

話したのは、健康について。

 

私の世代は、自分の親を介護するかしないかというあたりです。

でも、介護で苦労している話が耳に入ってくることもあります。

自分は子供に苦労かけたくない、健康でいたい、と、常々思ってはいました。

 

ここ数年、血圧がだんだん上がっていることが気になっていました。

筋力を鍛えることで、ある程度血圧を下げることができると知りました。

 

一度体重が増えてしまうと、元に戻りにくくなっているのも悩みで。

それも、筋肉を増やすことで、代謝をあげることができると知りました。

 

日々できるだけ歩く時間を作ってはいたのです。

が、筋トレはウォーキングの3倍ほど燃焼効率が良いと知りました。 

 

その女性はカー○○のコーチで、筋トレ体験のお誘いを受けました。

このコーチがついてくれるなら安心してできるかも!?

と思ったので、体験を予約しました。

 

数日後、体験の日。

こういうのって、当日イヤになることの方が多いのです。

が、私にしては珍しく、ワクワクして迎えることが出来ました。

 

教室に行って見ると、明るくて、軽快な音楽がガンガン流れてる。

予想してたより、ずっと、にぎやか。

広いフロアにマシンが幾つも並んでいて、その半分ぐらい、人が使ってる。

あんなに多種類のマシンを使った筋トレだとは、思ってもいませんでした。

ポスター見ると、ラジオ体操の延長みたいに見えてたんだもの。

びっくり。

 

筋トレには以前から興味がありました。

楽しく筋トレして良い体型に変わった人を知っているのです。

自分もやってみたいなぁと、しばらく前から思っていました。

 

とはいえ。

コミュ障の私が集団の中に入ろうとする時、最大の難関は、社交です。

会話、グループ、お茶、食事、そんなことが私にとっては苦痛。

 

でも。

教室のみなさん、すごく一生懸命トレーニングしてて、

おしゃべりしているヒマが無い!

みんな好きな時間にやって来て、一生懸命に筋トレして、さっと帰っていく。

ばらばらと。三々五々。

会話が必要なのは、コーチとだけ。

これはいける!と思いました。

 

それから、実際にマシンを使って、体のあちこちをまんべんなく動かしました。

マシンA→足踏み→マシンB→水飲む→マシンC→足踏み→マシンD…(続く)

そんな感じで、次々筋肉を動かして、30分ほど。

なんだかスッキリして、気分爽快!

 

コーチからいろいろ説明を受けて、その日に入会を決めました。

その日に入会を決めると入会金半額っていうし、もうすぐにでも始めたかったし。

 

あの時、迷わず決めて良かったなと、一ヶ月が過ぎた今、思います。

今も楽しく通っているし、しばらくは飽きずに続けられそうな気がしてる。

何より、体が軽くなったと感じることができる。

たった一ヶ月なのに。

もっと続けたら、もっと変化がありそうで、楽しみなんだ。

 

そうそう、トレーニング中の音楽で、一番気分が上がるのは、

マイケル・ジャクソンの『BEAT IT』です!カバーですけどね。