読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

in a Million

児童文学紹介ブログです。児童文学もアイドルも成長を見守るのが楽しい。

『赤いペン』

必要な人のところにいつのまにかやってくる赤いペン。

役目が終わると、いつのまにかどこかへ行ってしまう。

世の中の人も出来事も全て、そんな面があるのかもしれない。

赤いペンほどシンプルでないだけで。

 

文がうまくてぐんぐん引き込まれる。

と思ったら、著者は高校の国語の先生。さすがね。

一遍ずつも通しても、謎解きが面白く、結末も良い。

最初のエピソードや表紙がちょっとホラーなのは子供心をひきつけるためかしら。

 

この本もキーワードは「思い出せ」

 

 『赤いペン』

澤井美穂(著)中島梨絵(イラスト)フレーベル館 2015/2/7

第16回ちゅうでん児童文学賞 大賞受賞作品