in a Million

児童文学紹介ブログです。児童文学もアイドルも成長を見守るのが楽しい。

『ねこたち町』

『ねこたち町』

わしおとしこ・文 藤本四郎・絵 アリス館 2001/7/10

 

アイスクリームを売る猫、楽器を弾く猫、ペンキで看板を描く猫、車椅子の猫。

カラフルで個性的な猫たちでいっぱいの、にぎやかな表紙。

それは、ねこたち町の様子。

 

ねこたち町には、ねこと、ひとねこがいる。

「ひとねこ」は、ねこに選ばれた人だけがなれるねこなのだ。

お祭りの日には、ねこと、ひとねこで、ねこたち町はにぎやかになる。

 

小学生のミコは、生まれたときから白ねこのスズと一緒に暮らしている。

そして、スズに選ばれ、お祭りの日にねこになって、ねこたち町を訪れる。

 

ミコは、ねこたち町で、同じクラスの小林くんに出会う。

小林君はクラスではおとなしくて、話したこともないけれど、

ねこたち町で、ねこの姿の二人は、気軽にいろいろなことを話し合える。

 

ねこたち町での、ミコの出会いや発見が描かれていて、

それは、ちょっと悲しかったり、ちょっとすごかったり。

それぞれが、小さな冒険のよう。

 

この本は、2002年度の小学校中学年向け課題図書だった。

メッセージが直球過ぎる気もするけれど、

そのわかりやすさゆえに課題図書に選ばれたのかもしれない。

そして、読者が受け取るメッセージは多分一つではなく、

読んだ人それぞれに違うことが心に残るのではなかろうか。

 

子供たちの心に、何がどのように残ったのか、感想文を読んでみたい気がする。

私がこの本から感じた大きなテーマは、愛と命。

壮大であるがゆえに、小学生向けの切り口に感心した。

 

3~4年生対象の課題図書だけれど、1~2年生でも読めるのではないかな。

シンプルであたたかいストーリーと、多くのカラー挿絵のあるこの本は、

絵本を卒業した子供たちの、物語本への入り口としてお勧めの一冊。

元課題図書だから、多分、お近くの図書館にありますよ^^