in a Million

児童文学 ときどき アイドル

『妖精ピリリとの三日間』

妖精ピリリとの三日間

西美音・著 山口みねやす・絵 岩崎書店 2009/10/30

第26回福島正実記念SF童話賞大賞受賞作品

 

虫が好きなサヤコは、キラキラ光る大きなセミを見つけて、連れて帰る。

サヤコはそのセミに、ピリリ、と名づける。

ピリリは、他の人にはセミではなく可愛い妖精の女の子に見えるらしい。

ピリリの他にもあちこちで妖精がみつかり、テレビ局は取材に来るし、

みんなが捕獲しようとして、大騒動。

 

人は見た目で惑わされるの?というブラックユーモアのようで面白い。

サヤコだけにセミに見える不思議は、物語の鍵。

 

人には生まれながらに、天命あるいは使命のような役割があり、

誰も誰かの代わりにはなれない、というメッセージも感じられる。

 

次の世代のために自分が本に書く、という主人公の言葉がとても好き。

 

シンプルでドタバタの展開が楽しく、情景が見えるような描写もよい。

科学、歴史、文学、いろいろな味付けのハーモニーが魅力的。

感受性の豊かなお子さんは、物語の奥行きをじっくり楽しめると思う。

 

暑い夏休みにおすすめの本です。

キラキラのうるさいセミ、探したくなるかも。