in a Million

児童文学 ときどき アイドル

特撮ヒーローもアニメヒロインも、戦う。

 

日本アニメファンの海外の友人が、東日本大震災直後、とても心配してくれた。

私は返信の中にこんな言葉を書いた。 

 

 日本アニメを見て育っていれば、

 愛と、勇気と、希望を、どんな時でも忘れないよ!

 

日本アニメファンの友人は、大真面目に納得してくれた。

実際、私は、自分が書いたことを信じていたし、今も信じている。

 

ウルトラマン仮面ライダーも、女の子であるセーラームーンも、みんな、

理不尽に攻撃を仕掛けてくる敵から、大切な人や大切なものを守るために、

戦う。その戦いは、勇気であり、大切な人への愛でもある。

 

もし、ヒーローが戦わず、敵に大切な物を差し出すような行為をしたとしたら、

それは、希望の光を失うことを意味する。

戦わないとは、理不尽にやりたい放題をする敵の言いなりになるということだ。

が、ヒーローは強靭で、決して希望を失わないから、大切なものを諦めない。

守るために、戦う。

 

大人になるにつれ、戦い=悪いこと、と考える人が増えていくようだ。

  戦い=戦争=武力による衝突・殺戮

という印象が強過ぎているのではなかろうか。

 

戦争というと、70年前の武力衝突の戦争をイメージする人も多いかも。

けれど、戦争は形を変えて、情報戦や歴史戦などの形で、既に日常の中に、

仕掛けられているかもしれないよ?

 

特撮ヒーローやアニメヒロインたちが持っている、愛と勇気と希望の種を、

日本の子供たち(元子供たちも含む)も、きっと心に持っている。

その種が芽吹き、まっすぐ健やかに育ってくれることを願う。

立ち上がるべき時には立ち上がり、

守りたい大切な人・もののために戦うことができる人であることを、願う。

 

終戦の日、私は英霊に心から感謝を捧げる。

彼らが戦い守ってくれたおかげで、今の日本が、私たちが、あるのだから。

大切なものを守るために戦うことは、悪ではなく、尊いことなのだ。

20170815013248

「降りかかる火の粉は払いのけるのがあったり前じゃない!」(アスカ)