in a Million

児童文学 ときどき アイドル

賞に応募してみようかと

文学賞に応募してみようかな~と思い立ったのは去年の夏ごろでした。

初めて応募したのは、「日産 童話と絵本のグランプリ」

 

原稿用紙5~10枚の童話なので、すぐに書けそうなんですが、これがなかなか。

一ヶ月以上、あーでもないこーでもないと考えて仕上げました。

原稿を送ったときは、「なんて良い話を書けたんだろう」と思ってた。

でも、佳作にすらかすりもしませんでした。

まぁ、締切から1ヶ月たった時点で、自分の作品が恥ずかしくなってたので。

審査員の先生方ごめんなさいって感じです。

どうせ下読みの人に落とされてたとは思うけど。

1ヶ月たっても恥ずかしく思わない作品が書けるようになったら、

可能性はあるのかもしれませんねー。

 

というわけで、今は、違う賞への応募作品を書いています。

こちらは昨年のより規定枚数が多く、9月末が締切。

構想1年、書き始めたのが8月。

10歳の日本の女の子を宇宙に連れて行きます。

 

現在、8000字/20000字。まだまだだぁ~!

でも書くの楽しいので仕上がると思う。

仕上がらないとこの賞の次のチャンスは2年後になってしまうし。

がんばれわたし。

8月後半は、このブログへのアクセス数がびっくりするほど多かったのです。

感想文たすけてー!みたいな感じだったかもしれない。

けど、私のブログじゃ、あまり役に立てなかったかもね。

9月に入って、すっかり秋風が吹いてますよー。今月は雑記だけになるかも。