in a Million

児童文学 ときどき アイドル

完成報告

完成~!しました~!

9月末日消印有効だから、べつに28日とか29日に仕上がったとしても全然問題なかったのですが、このブログは火曜日更新って自分で決めているので、今日26日の記事に間に合うように完成させようと、かなりがんばりました。

でも、ぎりぎりまで粘ると最悪アウトになることも有り得るし、これはこれでよかったなあと思っています。

星つけてくださったり、応援コメントしてくださったり、そんなみなさんのお気持ちがとても励みになりました。ありがとうございました。

 

400字詰原稿用紙53枚分を書き上げ、通して読んだら、30分かかりました。

30分って、けっこうな時間ですよねぇ。

そこで、考えたこと、二つ。

 

①30分の間、他人に興味を持って読んでもらえるだろうか? 

一人で書いてると心配ではあります。面白いと思ってるのは自分だけかも、とか思ったりね。みんなに読んでもらう機会を持っている人は、ある程度の自信をもって応募できるんだろうなあ。

昔からあるのは同人誌だけど、最近は、小説を書きたい人が集まるこんなサイトがあるのですよね。

 

KADOKAWA × はてな による小説投稿サイト。

kakuyomu.jp

 

他にもいくつか。

syosetu.c

estar.jp

児童文学は、こういうサイトでは需要ないみたいなので、私は利用していませんけど。ああ、でも、今度やってみようかなぁ。あれば読んでくれる人がいるかもしれないしね。

 

 ②人様のお時間を30分もいただくことになるけれど、大丈夫?

これまであまり考えたことがなかったけれど、今回気がついたことです。このブログ記事を読んでもらっていても、お時間いただいているわけなんですよね。これから書く時には気をつけようと思いました。

 

作家さんというのは凄いですね。お金を払って時間を費やしてもその文章を読みたいという人がおおぜいいるわけですからね~。

・・・なんだか自分で書いてて入選できる気がしなくなってきた。。。

  

さて、来週からは、児童書の紹介を再開します。