in a Million

児童文学 ときどき アイドル

小学3~4年生

『アヤカシ薬局閉店セール』

アヤカシ薬局閉店セール 伊藤充子 作 いづのかじ 絵 偕成社 2010/11 × アヤカシ=ばけもの ○ アカシヤ=黄色いきれいな花が咲く木 さくらさんの薬局の正しい名前は、「アカシヤ薬局」です。 しかし、招き猫フクノ介が書いたチラシは「アヤカシ薬局」。 その…

『妖精ピリリとの三日間』

妖精ピリリとの三日間 西美音・著 山口みねやす・絵 岩崎書店 2009/10/30 第26回福島正実記念SF童話賞大賞受賞作品 虫が好きなサヤコは、キラキラ光る大きなセミを見つけて、連れて帰る。 サヤコはそのセミに、ピリリ、と名づける。 ピリリは、他の人にはセ…

『ケンスケの王国』

『ケンスケの王国』 マイケル・モーパーゴ作 佐藤見果夢・訳 評論社 2002/9/20 イギリス「子供の本賞」受賞作品(2000年) 無人島に流れ着いた、一人の少年、マイケル。 無人島だと思ったら、一人だけ住人がいた。ベルトに刀をさした老人。 この物語は、マイ…

『ねこたち町』

『ねこたち町』 わしおとしこ・文 藤本四郎・絵 アリス館 2001/7/10 アイスクリームを売る猫、楽器を弾く猫、ペンキで看板を描く猫、車椅子の猫。 カラフルで個性的な猫たちでいっぱいの、にぎやかな表紙。 それは、ねこたち町の様子。 ねこたち町には、ねこ…

『キキとジジ 魔女の宅急便〈特別編その2〉』

『キキとジジ 魔女の宅急便〈特別編その2〉』 角野栄子・作 佐竹美保・画 福音館書店 2017/5/25 魔女の宅急便といえば、ジブリ映画を思い浮かべる方は多いと思う。 児童書としての魔女の宅急便シリーズは、1985年に1巻が出版され、キキが成長して、大人にな…

『ハンカチの上の花畑』

安房直子・作 岩淵慶造・絵 あかね書房 初版1973/2 前回からの続きにもなるが、安房直子さんの短編集を感動しながら読み終えて、著者紹介の欄を見たとき、このタイトルを見つけた。 「小学生の頃、ものすごい感動した本だ!安房さんの本だったんだ!」 で、…

『ひぐれのお客』

『ひぐれのお客』 安房直子・作 MICAO・画 福音館書店 2010/5/25 図書館の書架に並んだ本の背表紙を眺めると、よく手に取られていそうな人気のある感じだなあとか、逆に、古いけどきれいであまり借りられていないのかな、などと思うことがあり、それは…

『おばけ道、ただいま工事中!?』

草野あきこ・作 平澤朋子・絵 岩崎書店 2015/8/25 自分の部屋が、ある日突然、おばけの通り道になってしまった! 小学四年生の翔太がおばけとかかわることで起こる不思議な騒動が、明るく軽快に描かれている。 死者とはもう話せないから、 「あの人は、あの…

『クワイナー一家の物語』

『大草原の小さな家』というアメリカのドラマを、昔、ところどころ見ていた。ローラという明るい活発な女の子が主人公で、ローラの家族が、私が初めて知ったアメリカの家族像だった。 ローラの母さん、キャロラインが少女だった頃の物語が、この全7巻の本だ…